2009年08月18日

【痛め】よしもとばななの活字エッセイが話題に

「キッチン」「TUGUMI」などの小説で知られる二世作家のよしもとばなな。2006年6月に出版され、09年4月に文庫化されたエッセイ集「人生の旅をゆく」の中の一節を30代後半の男性のブログ「活字中毒R。」で紹介され、ネットで話題になっている。

内容の概略は
・よしもとばななは、東京のチェーンの居酒屋で、飲食の後に、ヨーロッパから一時帰国中の友だちがおみやげに持ってきたデザートワインを送別会をかねて、バイトの店員にグラスをもってきてもらり、隠れて飲んだ。
・それに気づいた店長がバイトの子を叱り、持ち込み遠慮のお願いをした。
・金をいくらか払うから、といっても店長は「一度許すときりがない」と持ち込みを許さなかった。
・これに関して、よしもとばなな「私達のかっこうを見れば、みながそれぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っている」ことぐらいわかりそうなもので、それを見抜けない店長は潜在的な客を失ったと批判。
・また「いっしょにいた三十四歳の男の子が「まあ、当然といえば当然か」とつぶやいたのが気になった。そうか、この世代はもうそういうことに慣れているんだなあ、と思ったのだ。いいときの日本を知らないんだなあ」と締めくくった。

活字さえもネットで流布してしまう時代。よしもとばなな=一流作家、(クオリティはさておき)大好きな作家、と妄信している人しかこんなエッセイは買わないわけなので、高飛車な言い方はそういう読者に対するリップサービスともとれる。金を払ってこの人のエッセイを買う人は、そういうレベルの読者であることをばなな自身がよく知っている、とも言える。

気になるのは、「店長が堅物だ」という意見が意外と多いことだ。
このブログ主は「「デザートワイン1本で店から失われる利益」と、「客に不快感を与える不利益」を天秤にかければ、どちらが長い目でみて得なのかは、あまり悩む必要もないレベルのわけで。」とコメント。
店長の言っていることは「正論」であるが「融通がきかないというか、周りがみえていない人であることは確か」としている。

ネットでは「自分たちは特別な人間なんだから、特別扱いされてもいいんじゃない?」というよしもとばななの態度に対する批判や接客論まで、さまざまな意見がコメントされている。


shitting_icon

ワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛め

2009年07月25日

市教委にうんざり、と英国人講師が辞職

長野県飯田市教委の外国人講師 招聘 ( しょうへい ) 事業をめぐる問題で、来年3月末まで就労予定だった英国人の女性講師が今月末で辞職することが23日、わかった。
市教委は辞職の理由を明らかにしていないが、女性講師は読売新聞の取材に対し、「市教委の扱いにうんざりした。これ以上、飯田で働きたくない」と話している。
女性講師は、昨年9月から、中学校で英語指導助手を務めてきた。
女性講師は5月下旬、「市教委と講師が(教育方針を)協議したり、情報交換したりする場がなく、講師に対する具体的な支援や指導がないため、苦痛を感じている」との「意見書」を、7人の講師を代表して市教委に提出。ところが、市教委から意見書に対し、何の対応も示されなかったため、女性講師は7月中旬、勤務先の校長に同月末で辞職する意向を伝えたという。今月末に帰国する予定。
女性講師は取材に対し、「市教委の担当者に英語が話せる人がいない。何を望まれているのか把握できないまま、学校に放り込まれ、まるで英語を発音するだけの機械のようで、人間扱いされていないと感じた」と語った。さらに、「次世代の英語のコミュニケーション能力の改善をお手伝いをするために来たが、誰も私たちを気にかけてくれなかった」とも話した。

shitting_icon

ワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛め
Ranking支援クリック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。