2008年09月04日

ザ・ビューティー・アワード

「全国美容週間 第5回ザ・ビューティー・アワード」にフレッシュ部門に南明奈(19)、女優部門に檀れい(37)アスリート部門に女子バレーの栗原恵(24)が選ばれ、出席した。アッキーナはひざ上20センチのワンピースに1500万円相当のティアラを着けて登場し、「ボリュームを出すのがアッキーナヘアのこだわり」と話していた。

■The Beauty Week Award
9月4日の“クシの日”にちなんだ全国美容週間のPR。
過去には、黒谷友香、立花美哉、武田美保、小沢真珠、鈴木亜美、浅見れいな、坂本冬美(アップ髪)、長澤まさみ、栗山千明等が受賞しているが、アーティスト賞、特別賞などその年でいろいろ賞の名前がかわり、タレントありきのPRとなっている。

normal_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年09月03日

露鵬、白露山とも潔白主張

大相撲のロシア出身力士で西前頭三枚目の露鵬(28)と、弟で東十両六枚目の白露山(26)から大麻の陽性反応が出た問題で、露鵬は3日午前、「そういうことを見たこともないし、触ったこともない。ほかの人の煙を吸ったこともない」、白露山も3日未明、「自分は絶対にそういうことをしていません。警察のDNA検査でも何も出なかった」と主張した。2人が所属する北の湖部屋と大嶽部屋にある2人の個室からも、吸引器具などは発見されなかった。日本では大麻の吸引だけでは罪にならないため、二人の捜査は実質終了となる。
大麻の体内残留期間は使用状況によって異なるが、常習者の場合は10日間以上になることもあるという。

shy_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

『SATC』が追加イベント開催、でIKKO

2日、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』(通称『SATC』)の爆発的な大ヒットを記念して、ヘアメイクアーティストIKKOのトークショーイベントがザ・リッツ・カールトン東京のチャペルで開催され、IKKOはウエディングドレスで登場。「昨夜、徹夜をして、このイベントのために作りました。10kgもあるので、バージンロードで一回転する予定が半回転になっちゃいました」と数千万円したと噂される衣装を披露。

shitting_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

「嫌われ松子」の放送中止に「ついてない」

映画「パコと魔法の絵本」のPR会見が2日、大阪市内であり、主演の役所広司(52)、アヤカ・ウィルソン(11)と中島哲也監督(49)が出席。前作「嫌われ松子の一生」が1日にテレビ放送されたが、福田総理退陣のニュースのため打ち切られた中島監督は「ついてないですよ」と苦笑いをしていた。

shy_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年09月02日

ブロードキャスター後の新番組、たけし&安住

TBS系「ブロードキャスター」の後番組「情報7days ニュースキャスター」(10月4日スタート、土曜後10・00)にビートたけしが安住紳一郎アナウンサー(35)と司会進行を担当する。
1週間のニュースや芸能情報、スポーツなどを幅広く伝えるという。同じく、TBS系「アッコにおまかせ」の人気コーナー、「ずばっと1週間」のようなバラエティー色のある独自の視点や切り口を、少し硬派にしたような感じか。たけし側は同局に対し「フリージャーナリストという立場で出演したい」との意向を伝えているという。

shy_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

ポニョが北野武を超えた!

ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されている宮崎駿監督(67)の「崖の上のポニョ」をイタリア紙が絶賛。イタリア10紙の採点では、「イル・マニフェスト」紙が最高点の5つ星。現在、21作品中9作品が採点の対象になっているが、5つ星がついたのは「―ポニョ」のみ。他4紙も4つ星をつけた。この採点では前日まで北野武監督(61)の「アキレスと亀」がトップだったが、ポニョが抜かした形だ。

shy_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

DAIGOが吹き替えに挑戦

米映画「WANTED」(20日公開)の主演ジェームズ・マカヴォイ(29)の来日会見に、同氏の日本語吹替えを担当するDAIGO(30)が登場。自身のトレード・マークとなっている手袋をプレゼントし、「ウィッシュ」ポーズを伝授。そのポーズの点数を記者に聞かれると、「99点っす。自分が100点なので、その部分は考えて」とマカヴォイを褒めた。
自身のバンド「BREAKERZ」がエンディング・テーマを歌う。


normal_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

安室奈美恵オリコン5週連続1位

安室奈美恵(30)の新アルバム「BEST FICTION」(7月30日発売)が、8日付のオリコンアルバムチャートで5週連続の1位を獲得することが1日、分かった。
アルバムの5週連続首位は、GLAYの「REVIEW〜BEST OF GLAY〜」以来10年10か月ぶり。女性ソロとしては、中森明菜(43)の「メモワール」(LP盤)以来25年ぶり。売上は125万枚を突破しているという。


shitting_iconワルぱんだの一言
タグ:安室奈美恵
posted by ワルぱんだ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年09月01日

倖田と亀梨が2年連続ベストジーニスト

第25回『ベストジーニスト2008』発表会が1日(月)、都内で行われ、KAT-TUNの亀梨和也と歌手の倖田來未が『一般選出部門』で選出、3年連続での受賞となった。5回受賞で“殿堂入り”となることから、亀梨は「殿堂入りに相応しいように自分を位置づけられるよう頑張っていきます」、倖田も「毎回初心の気持ちで来年もここに立てればいいな」と共に殿堂入りを目指す意向だという。過去には木村拓哉と草なぎ剛らが殿堂入りしている。

tohoho_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

日テレ系「24時間テレビ」視聴率歴代2位

日本テレビ系で30日から31日にかけて放送されたチャリティー番組「24時間テレビ31 愛は地球を救う」の平均視聴率は、昨年と同じ歴代2位の18・6%だった。
瞬間最高視聴率は、113キロマラソンに挑戦したタレントのエド・はるみさんがゴールした後の31日午後8時46分の41・1%だった。(数字はいずれも関東地区:ビデオリサーチ調べ)

normal_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年08月04日

【コラム】ポニョ2回目

私は行列のできるお店に入って、「え?たいしておいしくない・・・」と思ったときはもう一度行くようにしている。行列ができるぐらいなので、きっと、味が個性的すぎて、自分が理解できなかっただけ、とも考えられるからだ。
で、崖の上のポニョ。2回目を見に行ってきた。再度見るにあたり、まず、ネットでこの映画最高!という人のレビューを見まくった。そして、プラスのイメージをつける。そして時間と金を使うにあたり、自分にルールを設けた。

@ストーリを無視する
Aセリフ、声優は気にしない。ポニョとソウスケの話だけ聞く
B画像を素晴らしい、と思い込む。あれは全部手書きなんだ、って大変さを推量しながら。
Cポニョの外見をすべてかわいい、と思い込む(半鳥人、もとい、半魚人モードも)

これで万全だ。高評価のレビューの方達と同じような感想をもてるはずだ。

で、結果。

確かに、ポニョの行動が初回よりもかわいく見えるようになり、ほとんどのセリフを覚えてしまったが、ストーリーを気にしないことで、脚本の甘さも気にならない。
しかし、だ。

その分、ポニョとソウスケの体と心の動きに気持ちが集中する結果となったのだが・・・。

確かに、一点のシーンとか、発言とか行動とかに「あはっ」と思う点はいろいろでてきたのだが、そう思えば思うほど、つじつまがあわない発言、行動が目立つようになってしまう。
ある意味、全体を俯瞰していた初回よりも、ポニョとソウスケを嫌いになってしまった。

おかしいな・・・。なぜだろう。
今回も中盤で飽きて騒ぎはじめる子供達が多いな・・・。後ろの親が必死で小声で子供に興味をもたせるように、内容の説明やなぞを振っている。

くやしい。高評価の方達と同じように感じなくても、理解はできるはずだ。あれだけの高評価を理解することがなぜできないのだろうか。極端に例えると、あの映画には4輪駆動の車で自然を走る爽快さと、自然破壊、ぐらい相反する内容が含まれていて、手放しで感動ができないのだ。これが計算だとすると、ありとあらゆる世代にそういったなぞかけをした宮崎は天才だ、と言わざるをえないが、それは世間一般の意見とは違ってしまう。

次回は子供の感想を探してみることにしよう。

normal_icon




ワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 11:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能

PR価値があまりない?西川女史

西川史子(37)が、映画「俺たちダンクシューター」(9日公開)の宣伝マネジャーに就任し3日、都内で行われたヒット祈願イベントに登場した。
しかし、交際相手は年収2000万から4000万円に条件が上がっただけで、スキャンダルもないなか、いつもと代わり映えない返答しかない西川に記者の質問も止まりぎみ。で、サンジャポで競演している青木アナの件について聞かれ、「私には相談なかったですよ、人が頑張るか頑張るまいか(私には)関係ないです。いちアナウンサーですし」と局アナの騒動についてピシャリ。
今後のタレント活動的にも、そろそろ電撃結婚ぐらいのスキャンダルを作っておきたい、と語る西川女史の今後のキャラ付けに注目か。


normal_icon
ワルぱんだの一言
タグ:西川史子
posted by ワルぱんだ at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年08月03日

青木裕子、退職しない!

週刊誌によるスキャンダルで、辞表を出した、と報道されていたTBSの局アナ、青木裕子が、自身の生放送レギュラー番組、「サンデージャポン」にて、退職はしない、と自身で語った。
1ヶ月前から所属部長とアナウンサーとしての仕事、そしてTBSを退職する件も含め相談をしていたことは事実とし、しかし、その相談の末、TBSのアナウンサーとしてがんばらせていただく決心をした、とのこと。
ただ、プライベートなスキャンダルについてはコメントを控える、ということで、爆笑問題の太田からは「そこは自己責任で勝手にやれ、ということですね」と突っ込まれていた。

normal_icon

ワルぱんだの一言
タグ:青木裕子
posted by ワルぱんだ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

「すぽると」でも謝罪、渡辺アナ

フジテレビ局アナの渡辺和洋(32)が土日担当している「すぽると」での冒頭でも謝罪VTRを流した。

いままで通り、「週刊誌にプライベート記事が掲載されています。お騒がせして、すみませんでした。今後は視聴者の信頼に応えられる仕事をしたいと思います」と流した。


shy_iconワルぱんだの一言
タグ:渡辺和洋
posted by ワルぱんだ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年08月02日

一十三十一ができちゃった結婚

一十三十一(ひとみ・とい、29)が結婚することが1日、分かった。相手は画家の天野タケル氏(31)。2日に都内で挙式する。一十三は妊娠6カ月のおめでたで年末に出産予定。
天野氏は新進気鋭のアーティスト。97年にニューヨークへ渡り、版画工房でシルクスクリーンやリトグラフの技術を習得。00年に帰国後、東京を拠点に活動を始め、04年には不世出の画家・岡本太郎さんのパートナーだった岡本敏子さん(05年死去)の名前を冠した「岡本敏子賞」を受賞。彫刻家としても高い評価を得ているという。
一十三十一は実家がスープカレーの人気店「マジックスパイス」で、札幌市生まれ。

normal_iconワルぱんだの一言
タグ:一十三十一
posted by ワルぱんだ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能

赤塚不二夫氏、死去

「おそ松くん」「天才バカボン」などで知られる漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名・藤雄=ふじお)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。72歳だった。旧満州(現中国東北部)出身。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。葬儀・告別式などは未定。

■赤塚不二夫・・・小学生時代に手塚治虫作品に感激し、漫画家を志す。デビュー後、石ノ森章太郎や藤子不二雄らが住む、「トキワ荘」に転居。代表作に「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」「もーれつア太郎」等がある。ニャロメ、ウナギイヌ、レレレのおじさん等の個性的なキャラクターを生み、「シェー」「ダヨーン」「これでいいのだ」等の流行語も数多く誕生させた。

normal_iconワルぱんだの一言
タグ:赤塚不二夫
posted by ワルぱんだ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

寅さんの十三回忌の献花式

映画「男はつらいよ」シリーズの“寅さん”役でおなじみの渥美清さんの十三回忌の献花式が2日、東京都葛飾区の「葛飾柴又寅さん記念館」で行われた。
献花式では、地元の区立中学吹奏楽部の生徒が「男はつらいよ」のテーマ曲などを演奏。山田洋次監督や、初代マドンナ役で出演した女優の光本幸子のほか、一般のファンが参加した。

normal_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

14代目マルコメ君決定

マルコメのテレビCMに出演する「14代目マルコメ君」を決定する最終選考会があり、書類選考を突破した40人の中から選ばれた岩間壮太くん(3)が選ばれた。
ケイン・コスギ(33)が審査委員長、早見優(41)が特別審査員を努めた。

normal_iconワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

崖の上から新宿西口のポニョ

宮崎駿監督(67)の最新作「崖の上のポニョ」が、東京・新宿駅西口を31日までジャック。西口広場の柱電飾スペースを映画のデザインで埋め尽くす大広告はすべて違うもので計65面。映画で公開されていない画像からクレジットが入っていないエンディングシーンも公開されている。shitting_icon


ワルぱんだの一言
posted by ワルぱんだ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2008年08月01日

浅尾美和が日テレ系五輪コメンテーターへ

浅尾美和(22)が、日テレ系北京五輪放送のコメンテーターに就任することが31日、同局から発表された。13日に国内でスタジオ出演。その後、北京入りし、24日の閉会式終了まで現場の興奮を伝える。キャスターの櫻井翔(26)、田辺研一郎(30)、鈴江奈々(28)両アナを、同じコメンテーターの中畑清(54)、山本博(45)、城彰二(33)らとともに支えていく。

normal_iconワルぱんだの一言
タグ:浅尾美和
posted by ワルぱんだ at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
Ranking支援クリック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。