2008年06月04日

「何か悪いことしました?」府労連、府労組連

総額約350億円の人件費削減案について、府労連、府労組連と橋下知事による団体交渉が2日行われた。
42歳男性職員は「4人の子を育ててきたが生活が破壊されることになり不安。職員の
意欲が低下する」。36歳男性職員は「定期昇給が延ばされ、それでも我慢を重ねて
やってきた。結婚や子育て、家庭を築くことができない」と削減案撤回を強調。
定年を迎える男性職員は「退職金を見込んでマンションを買った。後出しジャンケンと一緒。
退職金のカットは懲罰的だ」と強い口調で訴えた。
「私たち、何か悪いことをしたでしょうか」―。
定年退職を迎えると男性職員は、退職金5%削減を「後出しじゃんけん」と批判。
「42年間、私なりに前向きに仕事をしてきた。最後のしっぺ返しがこれかと。
後出しじゃんけんが悪いことは子どもでもわかりますよ」と怒りをぶつけた。

橋本知事は皆さんの意見を重く受け止め判断するが、ゴールの見える改革をしたい。公務員制度は人員整理も出来ずにひずみが出ている。組織のあり方について組合と交渉したい」と人事制度改革を進めることを示唆した。

tohoho_icon「5兆円の借金をかかえた会社の社員が何を言っているのかね。

通常、サラリーマンは上司を選べない中、無能の上司の尻拭いをさせられ、目標数字の達成もあり、家なんか買えなくてがんばっているのに、公務員は上司を選挙で選ぶことができるにもかかわらず、だからねぇ。

ヨシモトも上方資料館の家賃、年間2億5千万で大阪府に貸しているんでしょ?どう考えても暴利だよねぇ。

すべて必要だけど、金がないから維持できない、って言っているのに、ホール存続、とかいうアホな一部の府民もいるし。まるでウメヅ邸に文句言った二人みたいに。

ますます、デーブ・スペクターの事務所にはいってテレビに出ている太田房江、前知事がむかつくねぇ。

タレント活動するなら、前知事として橋本知事をもっと擁護すべきだし、自分の無能ぶりも白状すべきだよね。ある意味、橋本知事の話題に便乗してのタレント活動だもん。

どこまで政治家ってきたなくなれるんだろうねぇ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。