2008年06月02日

手塚治虫の「MW(ムウ)」が映画化

神経ガス「MW」の漏えい事故に遭った男が復しゅうのため殺人鬼になる手塚マンガが映画化(岩本仁志監督)されることがわかった。
主演の復しゅうのため殺人鬼役には玉木宏(28)。初の悪役となる。友人役に山田孝之(24)。来年公開予定。
shitting_icon「マンガの映画化、ドラマ化が相次ぐねぇ。よほどスポンサーが集まりにくいのかしらねぇ。

原作のイメージを崩さなければいいのだけれど。アメリカのドラゴンボールみたいに。

ぶふぅ」


タグ:手塚治虫
posted by ワルぱんだ at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。