2008年05月30日

「U2」ボノらが山下公園で貧困撲滅訴え

横浜市で開催されているアフリカ開発会議に合わせ、人文字などで貧困撲滅を訴えるイベントが29日、同市の山下公園であり、小雨の中、アイルランドの人気ロックバンド「U2」のボノやMISIA、サックス奏者渡辺貞夫さんら著名アーティストと市民の計約600人が参加した。
ボノらは、他の参加者と同じ「人」と胸に漢字で描かれたTシャツを着て、人間の体をイメージした人文字の輪に参加。MISIAらと肩を組み、貧困にあえぐ人々のために協力することの重要性をアピールした。
ボノは先日もアフリカ支援のODA費削減をする日本を批判したばかり。
tohoho_icon「あの、日本の若者も政府と老人に搾取されてある意味貧困なんですが。

たぶん、母体の国よりも、選挙と自分達の資産増加しか考えない政治家が動かす先進国があるとこを、ボノは知らないのだと思う。前人未踏の状況なのですから。今の日本は。

まずは、そこを救うことから、日本人ははじめたいと思います。
参加しているアーティストのみなさん、こんなことでイメージUPができると思わないでくださいね。そのお金と労力を日本の若者にまずは使ってあげてくださいね。

イメージはアップしませんけど。

ぶふぅ」


タグ:ボノ
posted by ワルぱんだ at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。