2008年05月15日

木村と伊勢谷の出演作、絶賛

第61回カンヌ国際映画祭が14日、フランス南部のカンヌで始まった。ブラジルとカナダ、日本の合作で、俳優の伊勢谷友介(31)と女優の木村佳乃(32)が夫婦役を演じた「ブラインドネス」(フェルナンド・メイレレス監督)がオープニング作品に選ばれた。上映が終わると、2000人の超満員の観衆からは約5分間のスタンディングオベーションが起き、「ブラボー!」という声が鳴り響い
日本、ブラジル、カナダの合作映画。米女優ジュリアン・ムーア(47)、メキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナル(29)ら出演者も国際色豊かで、伊勢谷と木村演じる夫婦の会話以外は全編英語。伊勢谷は東京芸大在学中、ニューヨーク大に留学経験があり、英語は堪能。木村もロンドンに生まれ、ニューヨークで中学時代を過ごしたバイリンガルだ。この語学力とそれぞれの出演作を見た監督、プロデューサーが、原作「白の闇」(ジョゼ・サラマーゴ著)にも登場する日本人役に2人を起用した。shy_icon「合作って、単なるロケ地提供みたいなイメージがいままであったけど、バベル以降、それぞれ地域の良さが生きた感じの映画が増えたよねぇ。

映画の世界はこうやって国際協力が進みつつあるのにねぇ。現実社会だとぜんぜんね。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。