2008年05月14日

ポスト・アヴリルを狙う戦術とは

米オレゴン州出身の新人女性歌手・ベッカ(19)のポスト・アブリル戦術が明らかになった。
6月4日にミニアルバム「Perfect Me〜完璧な私〜」を発売するが、それに先駆け、原作を手がけたコミックが14日からインターネットで連載され、初の作家同時デビュー、というイメージにする。
そして、音楽と同時にコミックが趣味で好きな作品に「デスノート」を挙げるほど“コミック大国”日本に以前から強い関心を抱いていたことから、地元・アメリカに先駆けての日本デビューが決まった、といういかにも、外国人歌手で活躍していたかのような、日本人の外国人コンプレックスを逆手にとる。
極めつけは、そのコミックの公開先。女性に人気のサイト「girlswalker」で14日から同サイトで公開する。
綿密に準備された戦術が果たして日本の若者に響くだろうか、今後の報道陣の報道内容も含めて注目だ。
shitting_icon

「なんか、いやなんよね、こういういかにも作った感じ。

でも、エドはるみみたいにつくったお笑いでもあれだけテレビに出れるんだから、芸能界側から見ると、日本人ってバカで楽だよな〜て思われているんだろうね。

うふ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。