2008年05月11日

和田アキ子という存在の脅威

ゴッド姉ちゃんこと、和田アキ子(58)が、シルベスター・スタローン(61)のランボーのPRインタビューで、すべての会見ルールを破っていたことがわかった。会見のルールとは
・むやみに体にさわらない
・映画意外の話をしない
・番組のタイトルコールをやらせない
のたった3つ。しかし、腕相撲や和田アキ子のコンサートのPR、『アッコにおまかせ』のタイトルコールなどやりたい放題。その後の報道陣のインタビューが大幅に縮小される惨事となった。
しかし、通常関係者が途中で止めたりするシーンを見ることがしばしば。さすがに和田アキ子。誰も文句を言えない、ということか。
shitting_icon「強いモノはルールを破ってもよし。

現在日本の原則ね。

本当のランボーが降臨ね。

ぶふぅ」


タグ:和田アキ子
posted by ワルぱんだ at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。