2008年05月09日

アノ田宮が女子高生事件でまた珍答

『犯人は20〜30代、もしくは40〜50代』というプロファイリングを行い、話題となった元警視庁捜査第一課長で、現在日本テレビ客員解説員の田宮 榮一が、京都府舞鶴市で行方不明になった定時制高校1年、小杉美穂さん(15)が遺体で見つかった事件で、約3キロ離れた場所での2001年11月、府立海洋高校3年の新谷茜さん(当時18)が、首を刃物で切られて死亡しているのが見つかった未解決事件との関係性のコメントをした。発言は以下。

『犯行状況は似ていると考えられる。この場合、未解決事件をもう一度洗いなおすのがセオリー』
icon1

「ガキでも言えることだねぇ・・・。

このオヤジって、なんで日本テレビの解説員なんだろうねぇ。
コメントもヒドい内容が多いし。

なんでそんな人を採用しなくてはならなかったか。

そこを深読みすると、面白いねぇ。

ところで犯人さん、ただでさえ若い人が減っているんだから、未来ある若者をあなたの性的興奮のために犠牲にしないでね。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。