2008年05月04日

突然顔面殴打し抑圧か 愛知女子高生殺害

愛知県豊田市の高校1年清水愛美さん(15)が遺体で見つかった強盗殺人事件で、遺体には襲われた際に抵抗してできる傷がなかったことが4日、県警豊田署捜査本部の調べで分かった。顔面には打撲の跡が複数ある上、多量の鼻血も出ていたことから、捜査本部は愛美さんが帰宅途中に突然顔面を殴られるなどして、抵抗できなかった疑いが強いとみて調べている。 この地域は1週間前にも現場近くの路上で、高校2年の女子生徒が道を尋ねてきた男に押し倒される事件が起きていたことが4日、分かった。同市内ではほかにも、女子中学生が盗撮されたり、女子児童がトイレに連れ込まれるなどの事件が発生していたことが判明。県警豊田署捜査本部も関連を視野に捜査している。icon1「これだけ事前に問題があったのに、警察はどういった警戒をしていたのさ!
そこって弾糾されるべきよねぇ。

でもさ。ここ最近ワイセツ目的で殺されちゃう子増えているよね。

ねぇ、これからも増えるだろう犯人さん達。殺すのはやめよ。ね。

現実の女の子はちゃんと騒ぐし、暴れるし、結構、力あるからねぇ。

ぶふぅ」


タグ:女子高生
posted by ワルぱんだ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

豊田市女子高生殺人事件で愛知県警の汚名返上はできるのか
Excerpt: 愛知県豊田市で起こった女子高生殺人事件。日本の警察の捜査能力を持ってすれば、早期解決しなければ、警察そのものの信頼性がなくなる。 愛知教育大学付属高校1年の女生徒が、2日、マネージャーをやってい..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2008-05-05 16:19
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。