2008年04月30日

リンリン死去

日本に所有権がある唯一のジャイアントパンダ、リンリン(雄、22歳7カ月)が30日、高齢のためこの世を去った。日中友好の「親善大使」として2頭が上野に来園してから37年目。かつて最大で5頭がいた上野動物園から、ついにパンダの姿が消えた
最初にパンダがやって来たのは72年。日中国交回復を記念して上野動物園にカンカンとランランがお目見えし、パンダ舎の前は長蛇の列ができる大ブームとなった。80年代に来日したフェイフェイとホアンホアンからはチュチュ、トントン、ユウユウの3頭が生まれたが、ユウユウは今回死んだリンリンと交換で中国に渡り、残り2頭はいずれも死んだ。
中国からの贈呈は、フェイフェイを最後にストップ。一方で繁殖が試みられ、リンリンはホアンホアンやトントン、さらにはメキシコから来日したシュアンシュアンと人工授精を試みたが、うまくいかなかった。リンリンは2001−05年に3回、メキシコに渡り、現地の動物園で繁殖を目指したが、不調に終わった。
shitting_icon「ええ!昨日一般観覧中止になったんでしょ?次の日に死亡?

これを、

・死ぬ寸前までこき使われた
・死ぬのをわかっていて、寸前まで役目をまっとうさせた

みなさんはどちらでしょうかねぇ。

ぱんだだけに、心配。

ぶふぅ」


タグ:リンリン
posted by ワルぱんだ at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。