2008年04月13日

江原啓之 コッソリ大学教授を辞退

スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏(43)が、4月に就任予定だった北海道・旭川大学客員教授をコッソリ辞退していた。
江原はフジテレビが2日、自慢の“霊視能力”を「非科学的、荒唐無稽」とバッサリ。1月には「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会も、江原氏出演の番組に対し「出演者の生活への影響を考えていない」と苦言を呈している。旭川大学広報は「もともと大学側から教授就任を要請したわけでなく、学長の知人を通じて江原氏から講義したいとの話があったと聞いている。生命倫理や終末期の看護論などを講義してほしいと考え、08年度から新設する保健福祉学部の客員教授という話になった」と経緯を説明。

ここまで、問題になっている江原だが、テレビ朝日は「オーラの泉」の6月打ち切り説を「そんなことはない」(広報課)と完全否定。

cool_icon「くさった学長、くさったテレ朝。

江原って裏力つよいんだね〜。いかにも守銭奴って顔だもんねぇ。

出版されている本の内容もひどいもんが多いから、メディアがとりあげなければ、自然と消える存在だったはずなのにねぇ。

それにしても、創価学会とのつながりとか、この江原とか、テレビ朝日の上層部は宗教的、金銭的にやられている人おおいねぇ。電波の割り当て取り上げたら?

あ、公明党が与党の国だもんね、無理か。

ぶふぅ」



タグ:江原啓之
posted by ワルぱんだ at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。