2008年04月10日

コラム:なぜ売れる?歌えるコンピCD

30代をターゲットにしたCD、「R35」のヒットに続き、30代の女性向けコンピレーションCD、「Lovely!」がヒットのきざしを見せている。
いわゆる、30代が学生のころにカラオケで歌っていた曲の集大成。コンピCDは実は20代向けもある。しかし、話題になるのは30代ターゲット。徳永英明のカバーCDのヒットも記憶にあたらしい。

過去を振り替える、ということは「昔はよかった」という感情の裏返しでもあり、ある意味年配の特権で、若い人にはうざがられるものであった。
その感情が30代までに及んでいるという現状。実際にオジサンオバサンが今のヒットチャートの歌を練習をしっかりした、という感じで歌うと、ちょと退く部分があるが、この時代の歌はヒットの度合いが違うだけに、20代中盤からの人もよく知っており、意外と盛り上がる。

現実逃避か、イイモノはいい、というチョイスの時代なのか。どちらにしても、30代は過去よりも今の文化を引っ張っていく存在であって欲しいものだ。
normal_icon「らき☆すたもある意味、昔回顧の萌えだからね。

20代も過去振り返りなんじゃないのぉ?

ぶふぅ」


タグ:lovely
posted by ワルぱんだ at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。