2008年04月04日

森三中村上、出会いから初夜まで語る

出会いから3週間のスピード婚であっと言わせた、森三中の村上知子(28)が赤裸々に語った。
飲み会で出会った時に彼からデートの誘い。モツ鍋屋にいった時、実は3月からクランクインする映画内でAV女優役で濡れ場があることが決まっていた村上。女性としてはじめての体験が映画ということに抵抗があった村上はおもわず相手のシュウゴさんに「一発とは言わないまでも、添い寝をして欲しい」とお願い。シュウゴさんは快く承諾。その日に初キスを伴う添い寝をしたという。
次のデートは村上の家。しゃぶしゃぶ風肉団子鍋とポテトサラダを作り、その日に付き合いたいと思っている、というシュウゴさんに、思っている、でなくて付き合ってください!と村上から告白。また添い寝。この日はピンクのレースの下着上下で備えていたが、何もなく、モンモンとしていたという。
3度目のデートはシュウゴさんのお友だちも一緒いイタリアンレストラン。「俺、結婚したいと思っているんだよね。」といわれて、まずはドッキリだと思い、カメラを探した。その日も添い寝のみ。
最初に伝えたのは森三中の大島。周囲は100%反対だったという。
3月23日に同棲をはじめているが、女の子の日がきてしまい、実はまだ初夜はまだ。しかし、初めての直タッチを経験し、「ほぉ〜と、ふぅ〜ん、こういったことか」と感想を漏らしている。
村上が一番恐れていた濡れ場の撮影シーンは4月9,10日に行われることが決定。その前には初夜を迎えることが目標だという。
最後に、自分を勝ち組とし、まだ結婚していない人に「とりあえず出歩くこと」とアドバイスをした。
shy_icon


「初夜がここまでイベントになるのは、ブス恋の大島以来だな。

芸人魂を見た。

黒沢、キャラも含めて考えないとな。リーダーなんだから。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。