2008年03月29日

フジ、江原問題で再発防止案

フジテレビが昨年7月に放送したバラエティー番組について、NHKと民放でつくる「放送倫理・番組向上機構」(BPO)が「出演者への配慮に欠け、制作上の倫理に反する」などと指摘した問題で、フジテレビの豊田皓社長は28日、再発防止策をBPOに提出したことを明らかにした。
問題となったのは「FNS27時間テレビ『ハッピー筋斗雲』」。「スピリチュアル・カウンセラー」の江原啓之さんが、ボランティア活動をする一般女性を一方的に批判し、女性は放送後「傷付けられた」と抗議していた。
そもそも、スピリチュアル・カウンセラーという不確かな者を使って放送するメディアとはいったいなんなのか。朝日系列の「オーラの泉」も含め、しっかり考えてもらいたい。ま、無理だろうが。icon1「江原が金の亡者の極悪人にしか見えないのは、ワシだけか・・・。

あれぐらい、ワシでもできるで。

裏は誰なんだろう・・・。

オウムの方がまだ表にちゃんとでてくるだけ、潔かった。

こわ。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。