2008年03月29日

X JAPANらしい?復活劇

「X JAPAN」が28日、東京ドームで復活コンサートを行った。リハーサルの遅れなどで、開演が予定の午後6時30分から2時間以上も遅れてスタート。終盤はリーダーのYOSHIKIがドラムセットにもたれるように倒れ込んで失神してライブは急遽終了という波乱の幕開けとなった。関係者に渡される公演予定表にはいっていた「X」、ENDLESS RAIN」、「Tears」などは演奏されずに全8曲で終わった。ファン誰もが期待する手を顔の前で交差させながらジャンプする「Xジャンプ」は不発に終わった。
 2時間20分の待ち時間より短い1時間50分のパフォーマンス。チケットはS席1万2800円。WOWOWは有料生中継を行ったスポンサーだったが、公演が始まらないため、過去のライブ映像を延々と流す、という対応を迫られた。
 こういったハプニングもふくめてX JAPANらしいといえばらしいのだが、果たして今の人達に受け入れられるのか。

cool_icon
「すべてそつなく演奏したら、それこそ気持ちわるいわ。

楽器壊しまくって、演奏できなくなって終了、というのも求む。

ぶふぅ」



タグ:Xjapan X
posted by ワルぱんだ at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。