2008年03月14日

ハリポタ、最終巻の映画は2部作

12日、英作家J・K・ローリングの原作の小説「ハリー・ポッター」シリーズの最終巻となった第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」の映画が2部作で制作されると報道された。
 同映画のプロデューサーは、原作の世界を表現するには2部作化が必要だったと強調。同シリーズ映画は5作目までで45億ドル(約4600億円)に上る世界興行収入を上げており、2部作化で収入倍増を狙ったと冷ややかに見る向きもある。 


ワルぱんだ
「収入倍増を狙っているんじゃないか、って素直に言えるアメリカの報道姿勢を日本も学んだ方がいいぜよ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。