2010年09月08日

鈴木宗男衆院議員、実刑確定

林野庁の行政処分や北海道開発局の工事を巡る不正口利き事件で計1100万円のわいろを受け取ったなどとして、あっせん収賄や受託収賄など四つの罪に問われた鈴木宗男衆院議員(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は鈴木被告の上告を棄却する決定。これにより、懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木被告は、公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。

icon1
「問題は、こういった政治家が選挙で当選する、という現実だよねぇ。

自分達の地元に公共事業が落ちてくるようにしてくれれば、どんな人間にだって票を入れて、日本国民の税金を無駄使いする、という日本人の民度。

日本人には実は民主主義選挙って向いていないんじゃないかしら。国政、ということを理解できないんだから。自分達、いや、自分達だけよければいい、ということで投票するんだから。

ぶふぅ」



タグ:鈴木宗男
posted by ワルぱんだ at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。