2010年08月30日

『24時間テレビ』、視聴率15.8%を記録 瞬間最高は“ゴール直後”の35.7%

今年で33年目を迎えた日本テレビ系の恒例番組『24時間テレビ33 愛は地球を救う』(28日後6時30分〜29日後8時54分)の平均視聴率が15.8%(ビデオリサーチ調べ 関東平均)だったことが30日、わかった。今回のチャリティマラソンには、タレントのはるな愛が挑戦し見事85キロを完走。号泣しながら東京・日本武道館のステージにゴールした直後の29日午後8時46分には、瞬間最高となる35.7%という高視聴率を記録した。


tohoho_icon

「まあ、ネットでは毎回散々言われる、この番組。それでも平均15.8%の視聴率がある。

それだけで止まればいいものの、本編は見ないくせに、ゴールだけ見よう、という人間がいるから、瞬間最高視聴率がゴール直後で、それがあるから、このマラソンの企画は絶対に終わらない。だって視聴率が取れるんだもん。

本気でこの番組をおかしい、と思って本気で反対なのなら、1秒たりともこの番組を見ないこと。特にマラソンのゴールなんかに興味をもたないこと。まずは瞬間最高視聴率をマラソンから引きずり降ろすことからはじめないと。

それが一貧弱な視聴者ができる、唯一の対抗手段。

それがわらかない人が多いから、この番組はなくならない。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。