2010年02月24日

【つぶやき】あべこうじが優勝したわけだが

恒例のピン芸人グランプリ、R-1が終わった。R-1がはじまった当初は休日の17時〜18時の放映だったりしたのだが、近年、ようやく冠スポンサーが付いたこと、ヨシモトの発言権が上がったこともあり、ゴールデンタイムが続いている。

M-1と違い、もともと完全なヨシモト色に加え、審査の不透明さが目について、いまいち盛り上がりの欠ける大会ではあった。しかし、今回はかなりひどすぎた。

まず、生放送が仇になった。会場が笑わないのだ。
こういったことがないよう、会場はさんざん前座が盛り上げており、なおかつ、笑いやすい若い女性等を呼んでいる。にも関わらず爆笑も、笑った弾みの手叩きも少ない。原因は簡単。面白くないのだ。

雨上がり決死隊の司会もひどかった。ゲスト芸能人に螢原がフルが、芸人でもないタレントが気の利いたことが言えるわけもない。それを盛り上げるのが司会なのだが、ゲストが話したあと、返しがまったくない。そのため、ゲストのコメント終りに沈黙状態になることが多く、コンテスト自体のテンポが悪くなってしまった。この影響を一番受けたのは会場の一般客だろう。もちろん、宮迫も助けはしない。

あべこうじに力がないとは思わない。数年前にライブで見た時、スタンダップ・コメディというジャンルでは群を抜いて面白かった。

しかし、「笑い」とは感性の問題で、人によって笑いのツボが違う。最近のM-1がいい例で、もはや会場、視聴者が一番おもしろかった、というより、「(そこそこ)ウケた」のは当たり前で、漫才の「技」を競う、競技的な雰囲気が生まれつつある。

そうなると本来、R-1はピン芸人というざっくりなくくりで、笑いの見せ方が均一でないため、漫才と違って、その笑いの優劣をつけることが難しい(S-1スタンダップ・コメディ1のように更に絞る必要があるかもしれないが、それはまた別のお話)。

それにしても、だ。この見せ方はいかがなものだろうか。
別に「誰がおもしろい、面白くない」などどうでもいい。そんなのはヨシモト主催である限り、大人の事情があるのだから。ただ、せめてそういった事情が隠れるような番組作り、進行作りができなかったものか。

あべこうじが好きなだけに、残念だ。
shitting_icon
「ま、いいんじゃないの。こういったことで表舞台に出る機会をもらえる芸人もいるんだし。

ヨシモトお抱え芸人を破らなくて、面白ければ(あと、事務所も力があれば)人気が出ることは証明されているし。

あ、やっぱり事務所が大事か。


ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。