2010年02月18日

国母8位、青野9位でメダルならず

バンクーバー冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ(17日=日本時間18日、サイプレスマウンテン)決勝が行われ、服装問題で一躍注目された国母和宏(21)=東海大=は1回目30.5点、2回目35.7点で8位に終わった。
両者とも最後のルーチーンで手を付くミス。
なお、2回目の試技を行う前に金メダルが確定したアメリカのショーン・ホワイトは最後のルーチーンで世界でショーンしかできない、自分が開発した技、ダブルマックツイストを決めて、有終の美を飾った。

前回の惨敗に比べて、日本スノーボードはたった4年で入賞まで躍進したことになる。


normal_icon
「今回のキモとなっていた、ダブルコークもショーンが開発した技。

現役のショーン・ホワイトが先駆者で後が追随者っていう競技をオリンピック種目にするっていうのはどうなのかしら。

っていうか、オリンピックって、何?

国保選手、立派な成績なんだけど、ネットでまた叩かれるのが忍びない・・・。ごめん、こんな日本人で。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。