2010年02月09日

ポニョの視聴率、実は低かった!

5日、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されたアニメ映画『崖の上のポニョ』の視聴率が、29.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ/以下同)だったが、実はこの数字は歴代ジブリ作品の地上波初登場に比べると低い数字だったというのだ。

03年の『千と千尋の神隠し』がもっとも高く、46.9%。99年の『もののけ姫』が35.1%で2位。3位は06年『ハウルの動く城』で32.9%となっている。今回の『ポニョ』はこれに次ぐ数字だが、目論みの外れた日テレ宣伝部はすっかり意気消沈しているという。

この数字が数々の論議を産んだポニョの実力と見るか、それとも・・・。


normal_icon

「この映画だけ視聴率に特別な条件を付けるのもおかしいから、この数字がそのまんま作品の人気、ということなんでしょ?

ヘタなこと言うと、ジブリ信者から『人間性の否定』を浴びせられるから、詳しく書かないけどね。

でも、ジブリもそうだけど、東方神起や昔のEXILE、そういった妄信的『信者』って、対象物が公である限り、批判を受けるのは当たり前なのに、それを批判する公人でない人の人間性を誹謗中傷するのはどういった思考回路なんだろう・・・。

ずっと考えているんだけど、妥当な着地点が見つからないなり。

家庭環境、社会環境含めて調査したいなぁ。

ぶふぅ」





posted by ワルぱんだ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。