2010年02月01日

【つぶやき】朝青龍問題って何問題?

朝青龍問題が何の問題だかわからなくなっている。
まったくはっきりした事実がない以上、ネットのニュースではとっくに過去の問題になってしまっているので、検索で上位にヒットすることがなくなってきた。にも関わらず、テレビでは連日、「朝青龍問題」と叫び、やれ「これが事実なら解雇だ」、と「これが事実なら・・・」という不思議な前提で朝青龍を誹謗中傷する。この情況はまるで前総理、麻生太郎の揚げ足に似ており、マスコミを鵜呑みにする国民性があいまって、朝青龍のイメージがいよいよ低迷しているように見受けられる。節分行事に朝青龍が来るのを断った神社も出てきた。末期だ。

仮に、だ。彼が何かしら暴行したとしよう。現場にいた警察も逮捕せず、被害者も「やられていない」と言っている。これが隠蔽だ、などと騒ぐのは訳が分からない。どの世界に、法をまったくおかしていない人間がいるものか。誰もが穏便に済まそうとするのは当たり前。
「すいません、先程公道で40キロオーバーで走りました」と出頭するようなものだ。

品格というがわからない、ということは先日書いた通り。

そうなると、すでに事件ではない。なのに連日マスコミは朝青龍を叩きまくる。土俵入り時に、「モンゴル帰れ!」などとヤジが飛んだりする。

恐ろしいことだ。マスコミがこぞって一人の人格のある人間を、「もし、これが事実だったら」という前提のもと、叩きまくる。「事実」を元に社会悪を追求する。それならまだわかる。何も事実が判明していないし、仮に事実が社会的に悪であったとしても、それを隠すのは自己防衛として当たり前のことで、誰も被害届を出さず、警察も当時見逃したにも関わらず、だ。

このやり方でいったい誰が得をするのだろう。朝青龍がもし韓国人だったら、日本でも韓国でもこの報道への報復運動が起きるに違いない。

マスコミの公開イジメ。これを見ている子供達に正確な情報と教育をすることが、現在の親には必要なことであることを痛切に感じる。


normal_icon


「いやいや、今回だけじゃなく、朝青龍は今までもいろいろあったし、横綱としての品格、人間性が・・・。

あれ?過去に銃刀法違反で刑事事件になった大横綱もいたねぇ。暴行事件で刑事事件になった人気横綱もいたねぇ。

外国人横綱だった曙の不遇な引退後を考えたら、ねぇ。

無理よ。日本人は時と場合によって都合よく絶対評価と相対評価を使い分けるから。で、世論的意見の雰囲気を作ったら、それに反抗することはなかなかできないから。

第二次世界大戦中にマスコミに踊らされた時とまったくマスコミも国民性も変わっていないから。

だから、現時点で『朝青龍は品格がないからダメ』という人にはどんな相対的、論理的視点で語っても絶対に相入れないから。

憤りはわかるけど、諦めるなり。大人の世界でも子供の世界でもイジメは絶対になくならないんだから。むしろ、日本人は大好きなんだから。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。