2010年01月06日

捕鯨抗議船アディ・ギル号がまっぷたつに

米環境保護団体「シー・シェパード」は6日、同団体の捕鯨抗議船アディ・ギル号が南極海で日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸と衝突、航行不能になったことを明らかにした。乗組員の1人が肋骨(ろっこつ)にひびが入るけがを負ったという。水産庁は、第2昭南丸の船体に大きな被害はなく、乗組員にけがはないとしている。
 シー・シェパードによると、ギル号は抗議活動中に第2昭南丸に衝突され、船体が半分以上沈んだ状態になった。シー・シェパードは「(事故発生時)ギル号は静止していたが、突然衝突された。(日本側は)救助もしてくれなかった」と批判。調査捕鯨を行う日本鯨類研究所は、ギル号が衝突してきたとしている。
 水産庁によると、ギル号は6日午前、調査捕鯨船団の母船に薬品入りのボールのようなものをぶつけたり、船団に異常接近するなどの妨害行為を行った。事故当時、第2昭南丸は近づくギル号に放水などで警告したが、ギル号が急に減速するなどしたため衝突したと説明している。

アディ・ギル号は高速の三胴船(トリマラン型)エコボートで世界周航最速新記録を達成した船。


normal_icon


「たまにテレビの『警察24時』みたいなやつで、パトカーに追われているノーヘルの原付バイクが、パトカーに先越されないように蛇行運転しているシーンがあるけど、そんな感じなのかしらね。

捕鯨船の前を、進行の邪魔をすべく蛇行運転をしていたら・・・。

ドカン。

それにしても、この明らかなテロ行為に対して、日本政府は何もしないのかしら。

今こそ、日米安保条約、または自衛隊を使うべきでしょ。

テロには屈しません(キリッ!)

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。