2009年10月26日

テリー伊藤、生放送で「僕も通報しないかも」

最近はコメンテイターとしてメディアに露出しっぱなしのテリー伊藤が生放送「サンデージャポン」内で押尾学被告がヒルズマンション内で女性に異変があった後、3時間後に知人が救急車を呼んだ件に関して「僕は麻薬をやっているわけではないけど、今の仕事のこととか考えたら、自分も通報できないかもしれない」と発言。もちろん、スタジオ内からは非難の声が噴出。雰囲気を察したテリーは「ちょっと、聞いてくだいよ」と制し、「だって、延命措置したでしょ?心臓マッサージしたんだから」と続け、後はしどろもどろな弁明となってしまった。


shitting_icon


「彼は信念も信条もなく、とりあえず他のコメンテイターの逆のことを言って、それで『自分は観点が違う人間である』ということを演出してきた人間だからねぇ。

その演出方法は今回は失敗しただけ。

多分楽屋で、『今回は違かったなぁ〜(笑)』って感じなんじゃないの。

こういう論法を使う人って、一般会社でも企画部やPR系に多いよね。高城も同じような論法使うし。

だまされる人が悪し。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。