2009年08月26日

麻生総理の「金がねえなら結婚しない方がいい」発言、未だネットで燻る

23日の夜、東京都内で開かれた学生主催の集会での麻生総理の失言(?)が未だネットで盛り上がっている。

以下、ネットで上がっている音声。

(麻生総理)
「3つ目。立教大学、結婚。えー、金がねーから結婚できねーとかいう話だったけど。
そら金がねーなら結婚はしねぇほうがいい、まずね? (会場から笑い声) そりゃ俺もそう思う。 そりゃあ迂闊にそんなこたぁしない方がいい。
でー、金がぁ俺は、ないほうじゃなかった。だけど結婚は遅かったから、俺43まで結婚してないからね。
だから、あのー早い、あるからする、ないからしない、ってゆうもんでもない。
こらぁ人それぞれ、だと思うから。これはぁ迂闊にはいえないところだと思うけれども、 ある程度生活をしていく いけるというものがないと、やっぱり自信がない。
で、女性からみても、旦那を見てやっぱり尊敬するところ、やっぱりしっかり働いているっていうか尊敬の対象になる、
日本では、日本ではね。従って、きちっとした仕事を持って、きちっとした稼ぎをやってる、ということが、 やっぱり結婚して女性が、生活をずっとしていくに当たって、相手の、男性から女性に対する、
女性から男性に対する、両方だよ、両方がやっぱり尊敬の念が持てるか持てないかというのはすごく大きいと思うね。
つまり稼ぎが全然なくて、尊敬の対象になるかというと、よほど、何かないとなかなか難しいんじゃないかという感じがするんで、 稼げるようになった上で結婚した方がいいというのは俺も全くそう思う。」

これに対して、ネットの反応では

「正論」
「お金持ってない人は尊敬されないそうです」
「定職につきたくてもつけない若者がたくさんいる。そういう時代であることを理解していないんだろ」

中には、麻生擁護をする人を
「とりあえずマスコミの言うことに反発する」
「人が勝つのを見るのが単に不愉快な人種」
「自分を評価しない社会に反感がある」
「こういう奴らは、ネット上だけの口だけ番長」
などと擁護者までも痛烈に批判する人もいる。

どちらにしても、20代〜30代のネット住人に反感を買ったのは確かなようで。


shitting_icon



「学生がどんな質問をしたかどうかわからないけど、答え方を見ると、『金がないことを理由の一つとして結婚できない若者がいる』関連の質問だと察する。

そういった質問だとすると、答えは普通に考えて、『本人が金がないことを理由として結婚しない』というのであれば、しなければいい。

正しい答えだけど、それを首相がいっちゃいけない。

あと一点。金がないと尊敬されない、というのも、これから社会に出て働いてほしいと思う学生に対しては叱咤激励のつもりなんだろうけど、言葉が独り歩きする可能性も考えなければいけない。

見事にはまったねぇ。前後の流れと今までの彼の言動を考えれば、それほどつるし上げる内容でもないのにねぇ。

この部分だけが音声でネットに上がっているのも異常。

大学生の中にも工作員がいるっていうことね。それ自体は悪いことじゃない。それだけ必死だ、ってこと。

そういうことに対する危機管理と実行力を麻生総理には学んでほしいねぇ。勢いで調子のるから。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。