2009年08月21日

押尾学、違法なものとわかっていた

現在拘留中の押尾学容疑者は、今まで「女性から進められて錠剤をのんだ。違法なものだとは知らなかった」供述をしてきたが、ここにきて一転、
「違法なものだとわかっていた飲んだ。」
とMDMAと認識していて飲んだことを自供しはじめた。

また、メディアの取材で、押尾容疑者に以前でホテルで行為に及ぶ前に錠剤を進められた女性ホステスがいたこともわかっており、MDMAの常習の疑いもあるとみて、捜査をすすめている。

shitting_icon



「そういえば、千葉ののりピーの別荘にわざわざ見学に行く、いい年の大人も結構いるんだよねぇ。今日は別荘とその前のフェンスにダギングの落書きされていたし。

お塩、のりピー。

この二人の覚せい剤報道。確実に覚せい剤をやる人たちの潜在需要を増やしているねぇ。

タバコも酒もやらない人に麻薬って難しいからねぇ。

販売単価の下落が止まらないのに困った人たちが、需要喚起を考えて、この二人を麻薬を使おうPR大使に派遣したんじゃないの?

くさっとりますなぁ。

ぶふぅ」


タグ:押尾学
posted by ワルぱんだ at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。