2009年08月18日

【痛め】よしもとばななの活字エッセイが話題に

「キッチン」「TUGUMI」などの小説で知られる二世作家のよしもとばなな。2006年6月に出版され、09年4月に文庫化されたエッセイ集「人生の旅をゆく」の中の一節を30代後半の男性のブログ「活字中毒R。」で紹介され、ネットで話題になっている。

内容の概略は
・よしもとばななは、東京のチェーンの居酒屋で、飲食の後に、ヨーロッパから一時帰国中の友だちがおみやげに持ってきたデザートワインを送別会をかねて、バイトの店員にグラスをもってきてもらり、隠れて飲んだ。
・それに気づいた店長がバイトの子を叱り、持ち込み遠慮のお願いをした。
・金をいくらか払うから、といっても店長は「一度許すときりがない」と持ち込みを許さなかった。
・これに関して、よしもとばなな「私達のかっこうを見れば、みながそれぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っている」ことぐらいわかりそうなもので、それを見抜けない店長は潜在的な客を失ったと批判。
・また「いっしょにいた三十四歳の男の子が「まあ、当然といえば当然か」とつぶやいたのが気になった。そうか、この世代はもうそういうことに慣れているんだなあ、と思ったのだ。いいときの日本を知らないんだなあ」と締めくくった。

活字さえもネットで流布してしまう時代。よしもとばなな=一流作家、(クオリティはさておき)大好きな作家、と妄信している人しかこんなエッセイは買わないわけなので、高飛車な言い方はそういう読者に対するリップサービスともとれる。金を払ってこの人のエッセイを買う人は、そういうレベルの読者であることをばなな自身がよく知っている、とも言える。

気になるのは、「店長が堅物だ」という意見が意外と多いことだ。
このブログ主は「「デザートワイン1本で店から失われる利益」と、「客に不快感を与える不利益」を天秤にかければ、どちらが長い目でみて得なのかは、あまり悩む必要もないレベルのわけで。」とコメント。
店長の言っていることは「正論」であるが「融通がきかないというか、周りがみえていない人であることは確か」としている。

ネットでは「自分たちは特別な人間なんだから、特別扱いされてもいいんじゃない?」というよしもとばななの態度に対する批判や接客論まで、さまざまな意見がコメントされている。


shitting_icon


「なんだかねぇ。
前提として、持込が禁止であること。それでも、送別会でこのデザートワインを飲みたかった。

だったら、飲む前に店の責任者クラスに事情を説明して、許可を取ればよかっただけじゃないの?

そうすれば、他の客の入店時に見られないように、個室等に席替えされて、飲めたかもしれない。

ルールを破る方が、そういった気遣いなし、事後に怒られたことに文句を言うなんて、それが許されるとしたら、恐ろしい社会になったもんだ、と思うねぇ。

どんな職業であっても、金銭を稼いでいる人がその職務を行っているのであれば、尊敬の念を持たないといけない。

そういったコミュニケーション能力があれば、一言事前に説明と許可を取ることができるのではないかしら。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛め
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。