2009年08月08日

のりピー、いままでのまとめ

酒井法子容疑者(38)の既にわかっていた過去の情報が続々と出てきている。今までの情報をまとめよう。

・夫、高相祐一容疑者(41)が「妻も一緒に使った」と供述。
・東京・南青山の酒井容疑者の自宅を家宅捜索し、微量の覚せい剤や吸引器具を押収
・高相容疑者は、酒井容疑者宅の覚せい剤について「自分のものではない」と供述
・夫逮捕時、酒井容疑者は「社長」と呼ばれる知人男性と車で現れ、渋谷署への任意同行を求められると拒否。自身の尿検査も「絶対に嫌です」と強硬に拒み、「子供をあずけているので、あとで行きます」と言って「社長」とともに車で立ち去った。
・3日午前、大きな荷物を持ってマンションを出て、東京・新宿区の量販店で下着など衣類を大量に買い込んでいた。さらに、都内のATM(現金自動預払機)で2回にわたり現金数十万円を引き出していた。
・小学4年生の長男を預けていた知人が、夫の高相祐一容疑者の愛人女性であり、酒井容疑者公認の関係であり、この女性は、もともと酒井容疑者の友人
・現在、山梨県内の酒井容疑者が隠れている、とされている新興宗教団体「真如苑」の施設に、報道人が100人ほど集まっている。
・酒井法子の弟、指定暴力団・山口組系組員、酒井健(たけし)被告(30)は先月覚せい剤使用容疑で逮捕されている。


normal_icon

「これだけ有名人の足取がちっともつかめない、っていうのは、普通の指名手配の犯罪者がつかまることって、容疑者本人がよほどヘタこかない限り、確保は無理ってことだねぇ。

それにしても、まるで3流ドラマのような内容が、実は現実、ってことを世間の人がどれだけ受け入れることができるか、そして現実を新たに認識することができるか、だねぇ。

これだけ完全逃亡体制の容疑者に対して、完全指名手配ができない、っていうのは何か理由があるのかしらねぇ。

それにしても、同じ麻薬取締法違反なのに、押尾と比べて、テレビの報道で芸能人の、のりピー完全擁護体制。報道の公平性を鑑みて、放送倫理に違反しないのかしら。あまりにも擁護しすぎてウケるんですけど。

あと、もしかしたら、弟が高相とのりピーに流していたことを白状して、捜査員が任意同行のタイミングをはっていたのかもしれないねぇ。そうだとしたら、警察、お手柄。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 10:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
夫が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された歌手で女優、酒井法子について、警視庁は同容疑で酒井法子に逮捕状を請求した。

港区にある酒井容疑者の自宅を家宅捜査したところ、微量の覚せい剤が押収された。
所在が分かり次第、逮捕される。

酒井法子は結婚10年目だったが、別居も伝えられるほど、夫婦仲は必ずしも良くなかったようだ。そんな旦那の“黒い素顔”とは・・・

http://weharaah.blogspot.com/
Posted by 覚せい剤所持容疑で酒井法子に逮捕状請求! シャブ漬け夫にクラブに連れ回されていたのが原因!? at 2009年08月08日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。