2009年07月08日

鳩山氏、事務所経費ゼロ問題

民主党の鳩山由紀夫代表は7日、党役員会と常任幹事会で、政治団体「鳩山由紀夫後援会連合会」(北海道室蘭市)の平成17〜19年の収支報告書の経常経費が「0円」だったことを、自民党が問題視していることについて、事務所が同じ別の政治団体「北海道友愛政経懇話会」が家賃や電話代などを支払っていると報告し、了承された。

 鳩山氏は同日の記者会見で、政治資金収支報告書の虚偽記載問題への対応に関し、「自民党が『疑惑あり』のイメージをつくるために攻撃をしているのであれば、何らかの(反論をする)場が必要かとも考える」と述べた。

 ただ、国会の政治倫理審査会に出席する意思はないとみられ、民主党幹部の間でも、「自民党の土俵に乗るべきではない」との慎重論が強い。

 実母からの資金提供が、相続税逃れの形で不正に流れている疑いを自民党側が指摘していることには、「母からは毎年、上限に当たる150万円を献金してもらっている。相続税対策という思いはまったくない」と反論した。


tohoho_icon



「政治倫理審査会への出席を拒否するのはおかしいでしょ。自民党の土俵って・・・。説明責任だって。

悪いことは全部国策。自民党の陰謀。

金に汚い=政治家として失格

という論理は成り立たないけど、実際の会社でも金に汚い役員系の人で仕事(実務)ができる人間を見たことがない。そんな人に限って、いい立場にはいて、発言力はあったりする。

サラリーマンならみんなわかっているでしょ。それでも、そんな民主がなぜか人気っぽくなっている。

不思議な国ね。

それにしても、民主にとって悪い報道、少ないな・・・。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。