2009年07月06日

読売新聞が都議選前の世論調査発表

読売新聞は都議選の世論調査を行い、発表した。調査は、無作為に作成した番号に電話をかける方法で行った。有権者在住が判明した2306世帯のうち、1444人から回答を得た(回答率63%)。

結果は民主党候補に投票するとした人は29・4%で、16・9%の自民党を大幅に上回った。


tohoho_icon

「都だよ?たった1444人のサンプルの偏りも分析しない調査をアンケート調査、と呼べるわけないじゃん。

なおかつ、都議選前の、こういったサンプルが不明の世論調査って何か意味があるのかしら。選挙前にこんな報道をすると、アホな人はやっぱり民主か、って何も考えずに投票する人もでてくるでしょ。
そもそも、事前にこういった報道をする意味は?「世間は民主の流れですよ、アナタは?」って言っているみたいじゃん。

公平性にかけマウス。

ぶふぅ」


タグ:読売新聞
posted by ワルぱんだ at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。