2009年06月04日

【コラム】「大人が飲んだらタイホだぞ」を考える

最近やたら流れている、大塚ベバレジの微炭酸飲料「マッチ(MATCH)」のCMがあまりにも理解不能なので、思考の展開の備忘録までに考えてみようと思う。

南明奈個人に対して今回は言及しない。散々言ってきたので。

問題はこのCMのテーマとなっている

・大人が飲んだらタイホだぞ
・高校生しか飲んじゃダメ!

である。

疑問@:そもそも、この発言をしている南明奈は今年20歳。なのに、飲んでいる時点で、彼女もタイホの対象なのか?それとも規制する側は法律外、というのことなのか?

疑問A:高校生しか飲んじゃダメ、大人NGの飲料をPRすることの意味とは?今やマーケティング力も金もない高校生だけを本当にターゲットにしているとは思えない。であれば、南明奈のような高校生から見てお姉さんは使わないだろう。では、このPR文言は何を意図したのだろうか?

・「はは、こんな飲料あるんだ、ちょっくら飲んでみるか」という、南明奈のようなロリコン体型が好きなオヤジに飲んで欲しかったのか?

・「何これ、ばかじゃない?」とブログ等に若者が書くことで、バイラル効果がある、と勘違いした広告会社のプランニング?

・本当に高校生に飲んでほしかった?

どれにしても、このCMがうまくいっているのように思えない。波代含めても臆単位のCMだ。

私は高校生ではないし、MATCHはその昔、発売当初に何度か飲んだことがある。現在の味がその当時からどうかわったかわからないが、このCMを見て飲みたい、とはまったく思わなかった。

まわりにもこのCMで「MATCH、飲んでみたい」という人がいない。

いったい、何なのだろう。

南明奈のプロモーションなのか。それほど力があるようにも思えないし。

いや、あるのか。それほどの力が。

なぞは深まるばかりである。
どなたか、このCMの狙いを教えてください。

(BETA)


posted by ワルぱんだ at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いします。

確かに・・・私も毎回CM見るたびに、ん?って思ってました。狙い、なんなんでしょうね。
Posted by ソラ at 2009年06月05日 09:29
コメントありがとうございます。

わからないんですよ・・・。あれで需要喚起がされるとは到底思えませんし。
いまどき清涼飲料で「知名度=需要」を考えているマーケッターがいるとも思えませんし。

なぞです。
Posted by BETA at 2009年06月05日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。