2009年05月29日

機内検疫はパフォーマンス、と検疫官が批判

28日午前の参院予算委員会で新型インフルエンザ対策などに関する集中審議が行われ、参考人として出席した厚生労働省職員で羽田空港の検疫官、木村盛世氏が米本土などからの旅客便を対象に一律に行った機内検疫を「(政府の)パフォーマンス」などと批判した、と各テレビで報道された。

normal_icon



「え?話をしているの見たけど、パフォーマンス、って批判はしていないんだけど。

パフォーマンスとして、国民に一定の危機感を煽ることはできたが、水際対策はかなり重労働で大変だった。また、それだけに集中すると、国内感染対策がおろそかになる、って意味で言っていただけで。

それがなんで「水際対策をパフォーマンスと批判」になっているのかしら。

民主バックの力のなせるわざかしら。怖いねぇ。ジャーナリズムのなくなった報道って。

ぶふぅ」


タグ:検疫官
posted by ワルぱんだ at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。