2009年05月26日

内藤、今日東京で防衛戦

開催地が急遽上海から東京に変更された26日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチを前に、調印式と前日軽量が25日都内で行われた。王者の内藤大助は「最高のパフォーマンスを見せたい」と意欲を語った。相手は中国選手としてはじめて世界タイトルに挑戦する熊朝忠(26歳、同級10位)。

normal_icon
「ぶっちゃけ、チャンピオンに対して、同級1位もしくは2位がタイトルマッチに挑戦するのが当たり前で、10位の人が挑戦するなんてほとんど聞いたことがないよね。10位とチャンピオンだと、少なくとも3年以上のキャリアの開きが出てしまう。

亀田弟の時もそうだったけど、こういった、あからさまな内藤人気を上げようとするタイトルマッチ戦って、真剣に格闘技としてボクシングをしている人たちに失礼なのじゃないかしら。

ま、とはいえ興行だから、やっぱり金か。中国の選手もこれでありえない金が入ってきて、引退、という感じかしら。

ぶふぅ」


タグ:内藤大助
posted by ワルぱんだ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。