2009年05月19日

トヨタ、新型プリウス発売

トヨタ自動車は18日、ハイブリッド車「プリウス」を全面改良した新型を発売した。燃費を従来モデルよりも向上させ1リットル当たり38キロと、量産ガソリン車では世界最高とする一方、最低価格は205万円と約28万円引き下げた。事前受注は8万台以上と「かつてない爆発的な勢い」(トヨタ)という。価格は205万−327万円。エコカー減税によって1台当たり約16万−約22万円の負担が軽減される。


tohoho_icon


「今日のテレビはこのニュースを大々的に流しているねぇ。
それにしても、事前受注が8万台、っていうけど、これはトヨタ側に対する発注台数だよねぇ?つまり、トヨタの販売代理店にノルマがあって、トヨタ側から『目黒店は○○台引き受けろ』って命令されたたら、発注せざる終えない。それが合計8万台じゃないの?

エコカー減税っていっても、取得税と重量税が安くなるだけで、この車の価格は変わらないし、どうせオプション(カーナビ等)つけたら、220万は越えるでしょ。

いまどき、220万〜をポッと出せる庶民がどれだけいるかしら。

大手CMスポンサーだから、テレビ報道で取り上げたいのはわかるけど、ちゃんと事実を報道しないと。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。