2009年05月14日

NTT6年ぶり国内最高益

NTTの平成21年3月期連結営業利益が前期比14・9%減の1兆1097億円となり、6年ぶりに上場企業でトップとなることが確実になった。加入件数で国内シェア約50%を持つNTTドコモの好調な業績が主な要因。外需頼みの輸出企業が相次ぎ赤字転落するなか、景気に左右されにくい通信業界の強さを示した。

 売上高は三菱商事が22兆3891億円で、トヨタ自動車を抜き首位となった。

tohoho_icon



「そりゃそうだよ。不正に利用されているフリーダイヤルを取り締まるでもなく。個人で固定電話回線を引いたら、情報はすぐにだだもれ。
フレッツ光の営業電話はひっきりなしにかかってくる。

こんなあくどい商売しておいて、ぜんぜん国会では問題にならない。政治家が守っているからねぇ。

恐ろしい国だ。日本って。こんな欺瞞を抱えながらの資本主義、民主主義なんてありえないことはちょっと勉強した人なら誰でもわかるのに。

過去日本人の皆様、戦後たかが数十年で日本をこんなにしてすいませんなり。

ぶふぅ」


タグ:光回線 NTT
posted by ワルぱんだ at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。