2009年03月12日

出会い系喫茶、規制の方向へ検討

警察庁は12日、入場料を支払った男性客が女性客を店外に誘い出す「出会い系喫茶」について、風営法の規制対象とする方向で検討に入ることを明らかにした。
出会い系喫茶には、18歳未満の少女の入店を許している店舗も多く、「児童買春の温床」と指摘されているため、同法の規制を受ける「店舗型性風俗特殊営業」の対象とすることで18歳未満の出入りを禁じる方針。近く設置する有識者会議で、同法の政令を改正して出会い系喫茶を追加する案が検討される見通しで、同庁では年内にも規制に踏み切りたい考えだ。

tohoho_icon
「あ〜あ、また規制ですか。
未成年をヤろうとする大人の方が問題なのに。売春はどこの国でも仕事として成り立っている商売で、未成年にとっては精神的な影響を鑑みて規制するのはわかるけど、場所の問題じゃないでしょ。

ちかん→女性専用車両
出会い喫茶の未成年利用→喫茶規制
出会い系サイト→携帯規制

未成年淫行を条例でなくて、懲役実刑で10年プラス実名ネット晒し、痴漢の場合も同様にすれば、それだけでぐっと減るでしょ。犯罪。

たかだ執行猶予とか、罰金10万円とかだったら、逆にヤるよ、ヤる人は。

それ相応のリスクを与えないと、動物は従わないからねぇ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。