2009年03月05日

KAT―TUNの最終兵器始動

「KAT―TUN」の上田竜也(25)が主演する舞台「ロミオとジュリエット」(演出・吉川徹)が4日、東京・新大久保の東京グローブ座で初日を迎えた。開演前の公開通しげいこを終えた後、上田はジュリエット役の小林涼子(19)と2ショットで登場。報道陣の要請だったとはいえ、2人は約20分間の取材中、手をつなぎっぱなし。劇中ではキスをするシーンもあり、よくある顔が奥、手前でしているフリではなく、お互い顔を横にしての、真剣キスとなっている。

shy_icon
「上田って、一番目立たない子だよねぇ。意図的に。

ジャニーズって、グループで必ずそういった子を作って、判官びいきの女子の気持ちさえもつかもうとしていたんだけど、そんな対象だった上田がすぐキス、それも映画と違って劇だから何回も、となると、この路線も、今の時代には古くなった、ということかしらねぇ。

原宿のショップも、今でも行列になっているけど、アミューズ以外の他社のイケメンタレントもかなり多彩になってきている今、ちょっときつくなってきているのかも。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。