2009年02月27日

もみじマーク 努力義務に戻す

75歳以上のドライバーに表示が義務付けられている標識「もみじマーク」の罰則規定廃止など、高齢運転者の支援策を柱とする道路交通法改正案が27日、閣議決定された。今国会中の成立を目指す。
法案は、
・もみじマークの表示は70〜74歳と同様に75歳以上も努力義務にする
・官公庁や福祉施設周辺に高齢運転者や障害者、妊婦などの専用駐車区間を設置
・高速道路などでのあおり行為の罰則を現行の5万円以下の罰金から3月以下の懲役または5万円以下の罰金に引き上げ
・地域交通安全活動推進委員の活動内容に高齢者や障害者の安全確保に理解を深める運動の推進を追加

を含む。
もみじマークを巡っては、昨年6月の改正道交法施行で75歳以上のドライバーに表示が義務化され、罰則規定(施行後1年は周知期間で取り締まり猶予)もあることから「高齢者いじめだ」との声が出ていて、その声を政治家が利用した形となった。

tohoho_icon


「えっと・・・。

現在、現役時の60〜80%の額の年金をもらっている老人の方「だけ」を全体的に守るようになったのね。

将来、子供が増えて、経済成長があることが前提の試算でも現役時の50%の額の年金しか補償されない、現役世代、若い人は誰が守ってくれるのかしら・・・。

老人達は権利を主張するけど、義務がなくていいねぇ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。