2009年02月27日

「偏っている記事が多い」麻生首相が批判

「偏っている記事が多いように思うので、うのみにしてはいかん」−。麻生太郎首相は27日午前の衆院予算委員会で、閣僚の辞任や自らの迷走発言などに対する厳しい論調が目立つ新聞報道にこう反発した。民主党の逢坂誠二氏が「1国のトップリーダーが『わたしは新聞を読まない』と公言するようなことがあっていいのか」と質問したのに対して答えた。
normal_icon


「日本全体の経済や産業、国民分化などを考えたこともない人間達のインタビューを流して、現在の政府を批判するのがテレビ。
もっともらしい記者がミクロの視点でいいたいこと書くのが新聞。

で、それを信じるのが一般大衆。

いいんじゃないの。一番痛い目みるのは、日本の8割りを占める中低所得者層なんだから。自分達が選んだ道よ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。