2008年12月31日

【コラム】今年の日本レコード大賞はちょっと違った

今年の第50回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)はEXILEの「Ti Amo」が大賞で、最優秀新人賞はジェロだった。レコ大は最終審査が30日ということになっているが、テレビ局枠の広告を扱う企業にいる人であれば、数十年前からこの賞がスポンサーの意向で事前に決まっていることは知っている。ただ、今年は違った。
ネットでニュースを流す会社が大賞と新人賞を実名で事前リークしたのだ。もちろん、そのとおりの結果となった。

果たして、一般人の反応は?

normal_icon

「いろいろなサイト見る限り、言及しているのはエイベックスのことのみで、その意味をわかっていない感じだね。

EXILEは妄信的なファンも多いから、これ以上言うと、まったく別のいちゃもんつけられるからやめとこ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 16:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
EXILEの事そんなふうに言ってそんなに楽しいのかよ!!

馬鹿げてんだろ。

ふざけたこと言いやがって

てか、ワルぱんだってお前






デブ?(笑))

自分で言ってどーすんだよ。
笑いこらえられねぇぇぇ。

ただのアホだろ・・・。
Posted by M at 2008年12月31日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。