2008年12月03日

美しすぎる市議、再告発される

「美しすぎる市議」と紹介された、八戸市の藤川優里市議(28)が、市民オンブズマンから政治資金規制法違反で告発されていたが、名前を間違えたりと不備が多々あり、受理されなかったのだが、なんと、訂正して再告発をした。告発者にはDVDの水着に苦言を呈していた後援会長も名を連ねている。
オンブズマンの告発では、2件の献金が会計処理内にあり、証拠のメールもある、としている。一方、藤川議員は、会計年度内処理はすべて行っており、受け取らなかった献金もある、としている。

この問題って・・・。
自分の中で偶像化した藤川市議が、自分の確認も取らずに水着になって、自分意外の男性の目にさらされたことで起きた、粘着気質的な愛憎のように見受けられるのは、私だけでしょうか。

もしこの2件が本当に着服だったとしても、公金でもないし、まだそれで便宜を図るほどの藤川市議にはない。ぶっちゃけ、お金持ちと食事して、「いいよ、これタクシー代」みたいなレベルでしかない。
なのに、内部告発って。自分が望む、藤川優里じゃないと気がすまないようね。

cool_icon

「ま、妄想的な方って、対象がアイドルであろうが、市議であろうが、関係ないからねぇ。
相手がどうであれ、自分の中では1:1なんだから。
正直、そういった人達は人格障害の域にはいっていると思うんだけど、まだ正式な病名ないんだよねぇ。
演技性と強迫性が合体したような感じね。

なんだかなぁ・・・

ぶふぅ」


タグ:藤川優里
posted by ワルぱんだ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。