2008年11月27日

麻生首相、高齢者医療費発言で謝罪。前後文章掲載します。

麻生太郎首相は27日昼、高齢者医療費に関し20日の経済財政諮問会議で「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言したことについて、「病の床にある方の気分を害したのであれば、その点はおわびします」と陳謝した。そのうえで、「趣旨は、(病気の)予防を全然考えていない今の(医療)制度はいかがなものかを言った」と釈明した。

この発言をいち早くとりあげ、批判が集まりそうだ、という記事を書いたのは毎日新聞。毎日新聞では、この発言部分を切り取り、「高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。 」
とくくっている。

では、本当にそんな発言なのか。原文を読んでみる。
「67、68歳になって同窓会にいくと、よぼよぼしている、医療にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代とても元気だったが、今になると、こちらの方(麻生首相、自分のこと)がはるかに医療費がかかっていない。それは(自分は)毎朝歩いたり、何かしているからである。(しかし)私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防すると(医療費は)ごそっと減る。病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、「今日ここにきている患者は600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いてこれるはず(と)。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。
それからかれこれ30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、その分だけ医療費が少なく済んでいるいることは確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う」

いかがだろうか。努力して健康を保ったとしても、結局医療費全体の増加がとまらないと、税金が高くなる一方で、不公平感が出て、やる気を失わせてしまう。老人のモラルに頼ることができない今、努力をしている者に還元する仕組みが必要では?と言っているのだ。

何もおかしくない。

メディアはいったい何がしたいのだろうか。日本を崩壊させたいとしか思えない。

必要のない首相叩きはもういらない。
正直、漢字を間違えて読んでもかまわない。結果さえだしてくれれば。
一国の首相として、日本語は・・・・、とかいうコメンテイター、いかがなものか。一国の首相として英語で諸外国と話せる首相でもあるのだ。

メディア操作が恐ろしく露骨になってきている。ここはしっかり自分の目で物事を捉える勉強として考えていきたい。

tohoho_icon




「なんか、ネットのコメント欄でも、この発言はどうか、とか、庶民の気持ちがわからないから、とか、いっちゃう人、出てきたよねぇ。

さすがにこれだけ一方的な報道ばっかり見ていたら、洗脳されてしまうのかしら。

なんだか怖い国になったね、日本も。太平洋戦争時みたい。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。