2008年11月25日

TBS安住紳一郎、フジのいいとも出演終了

TBSの人気アナウンサー・安住紳一郎が25日(火)、フジテレビ系バラエティー『笑っていいとも!』の人気コーナー「テレフォンショッキング」に、テレビ局の垣根を越えてゲスト出演し、先ほど終了した。
前日24日のゲスト、SMAP・中居正広から紹介を受けた安住アナは、TBSが出資ている映画「私は貝になりたい」の宣伝マンとのこと。
TBSの編成局部長がぴったんこカンカンの蛙のきぐるみでスタジオ内で待機。フジテレビの番組の作り方の勉強、という理由だということだが、タモリにふられ、「ぜひ、手前どもの局でレギュラーを」と直訴するハプニングも。
コーナー最後の“100人中1人”では、自身のテレビ好きを例に挙げ「家に10台以上テレビがある人」とお題を出し、見事客席から1人を探し当てた。こういった個人プライバシーの問題に関係しない質問の場合に通常ある、「すごいねぇ、どなた?」とこの一人を探すことはせず、すぐCMとなり、どういった客が押したかは不明。

同番組に他局のアナウンサーが出演するのは83年4月に当時、日本テレビに所属していた小林完吾、徳光和夫両アナが出演して以来25年ぶり。


normal_icon



「テレビという圧倒的影響力を背景にした馴れ合い。マスメディアがここまで露骨なことをやっても、『おもしろいから、いいよね』という視聴者。

なんか、ねぇ。

それにしても、紅白の司会にも仲間、中居という主演コンビ、そしてなりふりかまわない、局アナ(TBS社員)をフジに出す。

で、主題歌を歌っているミスチルさえも紅白に出させる。

いった、『わた貝』のバックにはどれだけ怖い方たちがいるんだろうねぇ。

戦争系の映画は、そういった意味で怖いねぇ。


ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。