2008年11月20日

真木よう子の結婚相手判明(妄想付)

真木よう子(26)のお相手が「WATER BOYS」(フジテレビ系)に水泳部のキャプテン役で出演していた片山怜雄(26)だと判明した。
2人の出会いは3年前、真木が出演したDVDドラマ「東京フレンズ」がきっかけ。共演していた大塚愛(26)、瑛太(25)らと食事会を開くことになり、瑛太が「WATER BOYS」以来、大親友だった片山を連れてきたのだ。
 片山は現在、小説家を目指してリリー・フランキー氏(45)に弟子入りしている。
お相手は一般の会社員、といわれていたが、やはり、ということか。

しかし、ふっと考えた。なぜ人気が絶頂に確実になりかかっている真木よう子が、あの歳でデキ婚なのか。
芸能界がヤクザな世界なことは既出のとおり。一般の方が一生会うこともないような長い車に乗った方と食事をしようもんなら、その方が手篭めにした、地位を確立した人気女優の名前が自慢話として出てくる。ま、確かめようがないから本人の妄想自慢かもしれないが。
真木よう子はあの細いからだでGカップという、エロじじい好みの体をしている。実際、彼女の昔の作品は濡れ場があったりする。

彼女の躍進が、あの体を利用したところにあったとしたら・・・。
通常は30歳すぎくらいになって、相手が次の若い子にいくまで、この責め苦は続くのだが、真木よう子がその生活が嫌になったとしたら・・・。

さすがに妊娠して子供を生んでしまえば、相手が次の女にいかざるおえない。それを狙ったものだとしたら・・・。

このまま食い物になって30才過ぎまで生きるより、自分の人間性の維持を優先した、デキ婚と言えるのではないだろうか。

考えすぎか。

normal_icon


「あんまり、裏の話しないように!

怖いよぉ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。