2008年11月17日

小沢民主代表と麻生総理が緊急会談

本日午後3時半、民主党から今日中に総理大臣との党首会談を要求。麻生総理大臣はこの申し出を受け、本日18時に約30分、麻生総理大臣と初の党首会談が緊急実現した。
ワシントンでの麻生氏の発言をうけて、経済対策を優先して、自民党が解散をしないのではないか、という自民党の態度に、明日のテロ特措法をたてに、早急に対決姿勢を明確化したかった模様。
民主の要求は追加の経済対策の裏づけとなる、第2次補正予算案を今の臨時国会で提出すること。自民的には、この補正予算案を提出して決まらなかった場合、臨時国会が長引くばかりか、関連法案も決定しないことになるので、来年の通常国会で提出する予定だった。

麻生首相は緊急会談後の記者会見で「(民主の要求に対して答えは明確に出さず、)現在予算案は詰めてる最中である、としか言っていない」としたものの、「明日(18日)の新テロ特措法を引き合いに出してせまる、っていうのは、ちょっとどうなのかな」と民主の脅しに首をかしげていた。

選挙なんて、よほどの失態が無い限り、本来結果がわかるものではない。それなのに、これほど解散をせまる、というのは確実に票を取って政権をとる自信があるからだ。それはなぜか。
マスコミがこぞって麻生氏の細かいあげあしをとり、内閣支持率を民主党と比べたりする、この偏った報道を見ると、民主に加担することで利益(金)をあげる人間の多さを感じざるおえない。

normal_icon



「ついに、こち亀の両さん像の除幕式での麻生氏に対する、ラサール石井のブログ、削除されたのにフジテレビで内容放送していたからねぇ、今日。

ネットは書いた本人が削除しても、著作権無視でコピーした人間が転送うpしていたら、ネット上から消えることはないよねぇ。それは確かなんだけど、書いた芸能人自身が批判に対して応じて削除しているにもかかわらず、それをネットよりも影響力がある、マスメディアで内容流すって。事件性があるわけでもないのに。

そして今回の民主の脅し。そんなあからさまなかけひきって、日本を良くすることになんか関係あるの?問題は新特別措置法が必要かどうか、であって、こんなことの駆け引きに使うもんじゃないでしょ。

なんて、正論、意味ないんだよね。日本を考えない人たちには。
むなしス

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

麻生首相と小沢民主党代表 初の党首会談で審議拒否に
Excerpt: オツカレです。 なぜ追加経済対策の財源となる2次補正予算案を提出しないのか。 [17日 日経]首相、小沢氏と初の党首会談 民主、審議拒否も  麻生太郎首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党..
Weblog: ハズレ社会人
Tracked: 2008-11-18 14:31
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。