2008年10月13日

こんな消費者庁はいらない?ゼリーのみ規制

消費者庁設立のきっかけともなったゼリー被害の防止に焦点を絞った新法設立に向けて動く消費者庁だが、早くも暗礁に乗り上げている。ゼリーのみを規制する、合理性がなかなか見出せないからだ。
「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!」こんにゃく入りゼリーの規制を議論した10日の自民党消費者問題調査会(会長・岸田文雄前消費者行政担当相)は、河野太郎氏ら出席議員らが怒声を発するなど、さながらゼリー糾弾の場となった。
ほかにも「外国並みに規制する法律をつくるべきだ」といった意見が続出し、議員立法による新法の国会提出を目指す方針が確認された。

今回のような死亡事故を防止する取り組みが「生産者重視から消費者の
安全を重視する行政への転換の象徴」とされているため、厚生労働省側が「製造中止や回収させる法制度はなく、強制力のない指導が限界」と説明しても、議員の怒号は消えなかった。

しかし、だが、新法でゼリーの形状などを規制するには「法の下の平等」という点で壁があるという。それはモチはどうなのか、という問題だ。
厚労省の調査では、平成18年中に食品を原因とする窒息で救命救急センターなどに搬送された事例は、把握できた計803例のうち、モチの168例が最多で、「カップ入りゼリー」は11例だった。

これに対して、野田聖子消費者行政担当相は10日の会見で「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」と強調したが、「ゼリーだけを規制し、モチやアメを規制しない合理的な根拠は見つかりにくい」「なぜゼリーだけかと野党に突っ込まれても答えようがない」との声もあがっている。

icon1


「蒟蒻畑をまとめ買いしたけどさぁ、結構でかく、『子供と老人は食べないで』って書いてあるんだよねぇ。

別のメーカーだと、カップにも書いてあった。で、803件と11件の差。

野田聖子が言う、もちは詰まるもんだ、という認識があってもこれだけ人が詰まらせて死ぬ→だから法規制、っていう流れならなんとかわかるけど、ゼリーだけ、ってむちゃがあるよねぇ。

マンナンが生産中止中、パートやバイトの人は仕事を失う。でも、消費者庁なんてできて、税金で新たな公務員が動く。

なんで、公務員が増えて消費者の雇用が減るんだろうねぇ。

これが大多数の消費者の声を反映している、となると・・・。
選挙票の割合を考えると・・・。
これが60代以上の人たちのやり方、ってことねぇ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。