2008年10月08日

蒟蒻畑が製造中止に

こんにゃく加工品メーカー「マンナンライフ」(本社・群馬県)は7日、兵庫県の1歳男児が今年7月に食べ窒息死したミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売会社に通知した。マ社品質保証室は「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。
商品は「商品が危険だから製造中止にするわけではない」として自主回収はしないという。
こんにゃくゼリーの売り上げは07年度約100億円で、うち約3分の2がマ社。マ社の売り上げの約9割は「蒟蒻畑」が占める。

tohoho_icon

「9割の売り上げが蒟蒻畑なのに、それを中止って・・・。

よっぽど野田聖子の態度に腹がたったのかしらねぇ。

『自主回収はしない』っていうところに反抗の意思を感じるねぇ。

社員とパート、アルバイトの9割が職を失うわけか・・・。

野田聖子、いや、岐阜県民恐るべし。集団いじめだね。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。