2008年10月01日

こんにゃく入りゼリーでの野田聖子氏発言で波紋

 野田聖子消費者行政担当相は30日午前の記者会見で、新たに兵庫県の男児がこんにゃくゼリーをのどに詰まらせて死亡したことを受け、販売禁止措置を農林水産省に働き掛けるかどうか検討する考えを明らかにした。野田氏は「痛ましい事故だ。諸外国がどのような措置を取っているか調べているところだ」と述べた。再発防止も重ねて要請していく意向も示した。
この報道をうけ、ネットでは批判の声が野田聖子への批判の声が止まない。
・あからさまな人気取り
・すべての食品を禁止にするつもりか
という発言を中心に、各ブログでも盛況状態。

たとえば、救急救急センターの事故事例だけでも
もち:77例
ご飯(おにぎり含む):61例
パン:47例
あめ:22例
すし(食品成分表で分類できないのでその他扱い):22例
おかゆ:11例
だんご:8例
流動食(食品成分表で分類できないのでその他扱い):8例
カップ入りゼリー(いわゆる、こんにゃくゼリー):8例
ゼリー:4例
しらたき:4例
となっており、野田聖子議員の発言がいかにおかしいかがわかる。

しかし、この事故報道をしている毎日新聞では
・こんにゃくゼリーの安全性を問う声が高まるのは必至
・行政や業界の対応の不十分さを指摘する声も上がっている
などと、根拠のない「煽り」をしていることも問題があるのでは?

大人の私でも凍らせたこんにゃくゼリーは結構注意して食べるようにしているが、1歳10カ月ならなおさらだろう。

行政に完璧はない。結局、1歳10カ月の子供を守るのは大人しかいないことを見失っていないか。

いろんな意味で痛ましい事件となったようだ。


shitting_icon



「野田聖子って、全国的に嫌われやすい(ま、女性という部分もあるんだろうけど)体質なのに、ずっと議員でいられるのは、それだけ票を入れる人がいるからだよね。

どんなにネットで批判しようが、彼女は多数の人の票をもらって議員やっているんだから、彼女の選挙区の人、つまり『岐阜』の市民を批判しないと。岐阜製品不買運動するとか。

責任の所在がおかしいっすよ。彼女は昔から変わらないんだから。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。