2008年10月01日

YOSHIKI側に相撲協会関係者から謝罪申し入れ

YOSHIKI(年齢非公表)が、9月28日の大相撲千秋楽で優勝した知人の横綱・白鵬(23)の記念撮影時に相撲協会関係者から暴言を浴びせられた件について、30日になり協会関係者からYOSHIKI側に謝罪の申し入れがあった。事務所からはFAXで「僕自身のことはいいので…謝るなら、その場にいた他のお客様、そして何より横綱白鵬に謝ってあげてほしい」とつづった。
YOSHIKIは優勝のい記念撮影のために支度部屋に入った際に、桐山部屋の世話人から「モタモタするな、走れ!」「靴を脱げ!」「あぐらをしろ!」とかなりまわりにいた記者から見てもかなり乱暴な口調で言われたことに29日にファクスを通じて「礼儀作法を重んじる協会のはずが、あの言動は失礼」「(外国に長い間住んでいたが)さすがに畳の上を靴で歩いてはいけないことぐらい知っている」と抗議していた。

これに対し、日本相撲協会の友綱警備本部長(元関脇・魁輝)は30日、「そんな報告は受けていない」と語り、協会にYOSHIKI側から抗議がきていないと明かした。

shitting_icon

「どっかのテレビ局でタレントが『相撲部屋に似つかない金髪とサングラスをとらない態度に、びっくりしたんでは』とか言っていたけど、呼ばれたお客にする態度ではないよねぇ。

とかく、世の中でじじい、と言われる人達はなぜかそれが仕事であっても(たとえば自転車場整理とか)、若い人に対して高圧的かつ、タメ口をきいてくる人多いよねぇ。

相手を人間として尊敬していない証拠。

そんな老人のためにあれだけ税金が引かれていると思うと、気が狂いそうになる。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。